menu

ケアで早めに回復

マークされたお腹

脂肪吸引を行なうに当たって気になるのが、「アフターケア」です。アフターケアとは脂肪吸引を含め美容整形を行なった後に行なわれる手術後のケアのことを指します。美容外科によってこのアフターケアの内容は異なるため、手術を依頼する美容外科を探す際はこういった点も確認しておくようにしましょう。
各美容外科のホームページにもきちんとアフターケアの内容は掲載されていますが、ここで多くの美容外科が行なっているアフターケアの内容などについても少し触れていきます。

美容外科が行なっているアフターケアの内容には、相談受付や経過観察などがあります。脂肪吸引の手術を受ける予定である人のなかには、術後、「相談することができなかったらどうしよう」と心配になっている人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの美容外科の場合はこういったサポートを行なっているので、術後も安心して日常生活を過ごすことができます。

このように、美容外科でのアフターケアで事後のケアができるのはもちろんなのですが、自分でもケアを行なっておくと患部の回復を早めることができます。そこでここでは、自分で行なえる脂肪吸引後のケアについてご紹介します。

始めに紹介するのはマッサージです。脂肪吸引後、ある程度の期間が過ぎたら、患部や患部の周りなどをマッサージしてみましょう。「マッサージなんてして大丈夫なのか」と思う人もいるかもしれませんが、そこまで心配は要りません。
脂肪吸引を行なった後は、吸引によってバラバラになった細胞が再びくっつこうとするため、その働きにより皮膚が硬くなってしまうという現象が起こってしまいます。起こるのは一時的でずっと続くということはありませんが、このようになってしまうことによって違和感を感じてしまう人もいるでしょう。
しかし、これらの現象はマッサージを行なうことによって早く治まるようにすることができるため、短期間で違和感をなくすことができます。

手術を行なったあと、できるだけ早く違和感を無くしたいという人は、こういった方法で自分でもケアを行なうとよいでしょう。しかし、上記のような症状を早くなくしたいからといって、まだ患部に痛みがあるのに無理やりマッサージなどを行なうことはよくありません。自分の体調と相談しながら、無理のない範囲で行なうことが大切です。
そのため、マッサージをする場合はこういったこともポイントにしながら行なっていくとよいでしょう。